メディプラスゲルの成分紹介:高濃度セラミド

エイジングケア効果でたいへん人気の高いオールインワン化粧品がメディプラスゲルです。この化粧品には、贅沢にも六十種類以上の美容成分が配合されていると言われています。それらの成分の中でも特に肌の保湿効果を目的とした成分が、高濃度セラミドと呼ばれるものでしょう。

一般に角質細胞間脂質と呼ばれているセラミドは、体内の細胞と細胞の間で大事な水分を保持したり、細胞同士を結び付けることによって弾力や潤いを維持するといったたいへん重要な働きを担っています。

しかし、セラミドは年齢を重ねるにつれてどんどん減少していくものです。残念ながら、減少の結果として肌の乾燥や肌荒れなどを招いてしまうというわけです。そこで、肌の保湿に非常に効果的なのが、メディプラスゲルに配合されている高濃度セラミドと言えるでしょう。

メディプラスゲルに配合されているセラミドは高濃度セラミドと呼ばれているように、通常のセラミドと比べると濃度が高い成分となっています。

そのため、通常のセラミドに期待できる以上の高い効果や肌への浸透力を期待することができます。

さらに、メディプラスゲルで高濃度セラミドが大きな注目を浴びている理由は、メディプラスゲルには単に一種類の高濃度セラミドだけではなく、三種類の高濃度セラミドが配合されているからでしょう。その三種類とはEOP、NP、APと呼ばれるものです。これら三種類のセラミドを配合することで、肌への最大の効果を引き出すように作られているのです。

そのため、メディプラスゲルに含まれている高濃度セラミドに期待できる効果としては、高い保湿効果で角質を柔軟にすることに加え、外部からの刺激や細菌の侵入などを防ぐことによって肌荒れを防止するバリア機能の働きをも備えています。

さらに、肌にハリや弾力を与えることによってシワやシミを予防する効果もあると言われています。このような効果を持った高濃度セラミドは、メディプラスゲルに配合された注目の成分と言えるでしょう。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。